映画『ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE』

主演が要潤だし!プッ、あのビジュアル笑える。そして映画も面白そう。何より要潤は『アギト』のG3だから見に行かなきゃ!
ねぇねぇこの要潤を見てよ面白いでしょ映画もきっと面白いって一緒に行こうよ!・・・と、
どんな虫の知らせか悪魔の囁きか天使の誘惑か知らんが、生放送終わりでディレクターさんを誘って2人で見に行ったのである。
夜8時50分の回なのに1800円。あれ。レイトショー料金とかってないわけ?まぁでも映画が面白かったらOKだよねワクワク。
ところで原作漫画は?あ、読んでないのかぁ。うん、実はあたしもこの漫画は知らんのよね。
でも、うすた京介の漫画なら『すごいよ!!マサルさん』は持ってるよ。あれは面白かった。
だからきっと『ジャガー』も面白いはずだって。実写化?大丈夫よ、だって要潤の格好が充分面白いじゃない☆
って、自分のバカーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!(タコ殴り)。
「ハハ・・アハハハ!・・・アハ・・・フッ・・・フゥ〜・・・・・・。つってたら終わり」。なんじゃこりゃ!?
確かに前もって原作漫画も知らずに見に行ったワシにも責任があろう。え。ないやろ。
原作がどうとか関係ない、映画が面白かったらオールオッケー。なのにこの映画は。ちょっと待ったらんかいボケぇ!
笑ったさ、ああ確かに何箇所か吹いたさ声を出して笑ったさ精一杯な。でもさ。「・・・え・・・(ボーゼン)」の方が圧倒的に多かった。
どんだけ面白風味な要のビジュアルに惹かれてもレンタルで充分。しかも新作で借りたらダメ。安くなってからで。
原作ファンなら「いかに似てるか」を確認するために見るならいいかも。でも1800円は払ったらあかん。
劇場には原作ファンと思われる若い女の子が多かった。お馴染みのキャラが実写で出てくるだけで、
「似てる!」とか「うわぁ大きい!」なんて。しかしどこがどう似てるのか何がどう大きいのかサッパリな吾輩はそこも笑えず。
不条理という言葉を誤って解釈したまま作られた不条理ギャグ映画の失敗例としか思えんかったな。
そして中盤からの血みどろ暴力シーンがね。最悪。えー。この映画ってどっちや。こんなの要らんやろ一気にクールダウン。
これが1800円か。これなら1800円出して原作漫画を買って読んだほうがよっぽど楽しめたような気がするよ。
ディレクターさんは内心「キサマ1800円返せ!(ムッ)」と思ってたらどうしよう。
ってか、この映画きっかけに仕事に支障をきたしたら!?うああ!この映画を作った奴は今すぐワシに新しい仕事を寄越せコラ!
首切られたらテメェらのせいだからな!・・・なんて、もうねー、見てる最中ドキドキしたわ。別の意味で。
むやみやたらに他人を誘って映画を見に行くのは危険だな。やっぱし映画は普段どおり1人で見に行くに限る・・・。
自分が痛い目に遭うのは仕方ないけど他人を巻き込むのは良くないもん。
出演者は頑張ってキャラになりきってて(周りの反応を見るに、そうなんだろう)、その分余計に本編がカラ回るという・・。
監督あかん。脚本だめ。むうう。音声レベルも滅茶苦茶だと思ったし、なんかもう・・・うあぁぁ間違えたよヤってもた。
ごめんなさいすんません。映画終わりで一緒に晩御飯を食べに行ったのさ。1人2500円。いや、私が出すよと言ったさ、
500円だけ多めにね。えー。もうね、こんな自分が一番だめ。金出すなら出すで全額払えよと。奢れと。でもそれはキビしいと。
そういやこないだ見た『グミ・チョコレート・パイン』でこんなモノローグがあったなぁ。
「あの頃に自分がなりたいと思ってたオトナに今なれてるか?」っていう。なれていません。ちっくしょぅ自分!(涙)。